コンサルティングコラム

第19回 社長はなんでも知っている

会社の中で何か問題が起こった時。ほとんどの場合、それに気づいた従業員は上司や、小さな会社では社長にその事実を伝え、解決策が提示されるのを待ちます。その間、従業員の頭は思考停止。なぜなら自分で解決策を考えて、それが間違っていたり失敗したりするよりも、上から答えが降ってくるのを待っていた方が、確実だし安全だからです。

 

だから、「こうした方がいいのに」と思っても、決して口に出さない。それがどんなにいいアイデアでも、言った途端に上司や社長から否定されたりしたら、もう二度と自分の考えを口にしようなどと思わないものです。

 

熱い思いを持って会社を経営する社長は、自分は何でも知っていると思いがちです。かくいう私もそうです。自分が一番だと思いたい。でも、毎日すべての業務をやっているわけではないのですから、知らないことがあるのも当然です。さらに人によって物事を異なる観点からとらえるので、問題に対するアプローチの仕方も様々であるはずです。

 

だから、社長や上に立つ人は、何か問題が起こって、解決策を求められた時は、すぐに答えを出したい気持ちをぐっと抑えて、従業員や部下に考えさせる方を選びたい。思考停止を良しとせず、自分の考えを実行してうまくいったときの喜びや、失敗したときに得られる教訓をしっかり味わっていただく方を選びたいです。

 

もちろん会社の行方を左右するような大きな課題を任せるといっているわけではありません。日常の些細な問題、あるいは現場の従業員の方がよく知っていると思われるお客様回りの課題は、こういうやり方の方が良いと感じます。いっとき業務効率は落ちるかもしれませんが、これによって従業員が何かを学び、また自分のアイデアが成功したという達成感からモチベーションやロイヤリティを高めることができるとしたら、そちらの方がもうけものです。